多汗症治療のおかげで汗に悩むことが少なくなりました

汗っかきなのが悩み

汗っかきなのが悩み多汗症を医師に相談塗り薬で症状改善

小さい頃から汗が出やすいという自覚はありました。
何もしていないのに他の人より多量の汗が出ますし、緊張したときなどはもっと出てしまうこともあります。
体質だと思って諦めていたのですが、あるとき多汗症という言葉を知りました。
具体的な症状について調べていくと自分のことではないかと思ったのです。
学生時代はそれほど気にしていなかったのですが、仕事を始めてから汗が出ることで困ることが増えています。
たとえば、ワキの部分にシミが目立って恥ずかしい思いをすることが多かったり、手汗で書類をくしゃくしゃにしてしまったりするなどの問題を感じています。
調べてみると多汗症治療によって症状が改善できることが分かったので、病院で診察を受けてみることにしました。
病院で診てもらった結果、基礎疾患が原因ではない原発性多汗症だと診断されました。
医師によると重症化しているわけではなく、軽傷の状態だったそうです。
簡単な治療で症状を改善することができるという話だったので、その多汗症治療を行うことにしました。
外用薬を用いる方法であり、発汗しやすい部分に塗ることで症状が改善されると説明されました。
正直なことを言いますと、この治療法を提案されたときは塗り薬程度で治るわけがないと思っていたのです。